【実戦的】一歩を踏み出す!ためになるのか分からない実戦的心理学初心者編、不労所得を得るための。

【実戦的】一歩を踏み出す!ためになるのか分からない実戦的心理学初心者編、不労所得を得るための。
Pocket

【行動による心理増幅】

●大きな行動をとれないときは、
まず、小さな行動からとることが重要!
「ここまでできたのなら、次は…と、
小さな行動をじょじょに繋いで大きな行動にしていける」
まずは、指を一本動かす→腕を→声を…てな具合。

 

【受容による親近効果】

人は話を聞いてもらうことで心を開く 傾向がある
それを繰り返すことで信頼感が生まれ、
相手の話も聞いてあげないと…
という気持ちになる。

ただし、ばくぜんと聞くだけでなく
共感のセリフを積極的に示していく必要がある

 

 

【共感の大切さ】

●人の話を聞くときに大切なのは共感。
その秘訣は相手の感情を受け止め、同じ感情を返すこと。
相手の言葉を聴いたり表情を観察しながら、
その感情がプラスなのかマイナスなのか
判断する事が重要なこととなる。
○楽しい話であれば
「良かったねー」や「わかるー♪」。
○つらい話しであらば
「たいへんだったね。」
といった具合に。

9割は相手の話しを受け入れて、
1割だけ積極的に好意をアピール!する

 

 

【自己開示】

●自分の感じた気持ちを素直に伝えることが
何よりも相手の感情にうったえかける。

 

 

【ミラーリング】

●相手の言葉のなかで、
キーワードとなる単語を復唱することで
「話しを聞いている」という印象を相手に与える
テクニック。

 

【心理的リアクタンス理論】

●人は何かについ「抵抗」したくなるもの。
コレを心理学の世界では「心理的リアクタンス」と呼ぶ。
「見るな」と言われるとつい見たくなる と言った具合に。

 

【1セントの実験】

●心理学では何かをお願いするとき「少しだけ」と限定することが効果的とされている。
実際「お金を寄付してください。」と言うよりも、
「1セントでも良いので寄付してください。」
と言った方が寄付を承諾してくれる確率が上がった。
と言う実験結果がある。

 

 

【連合の法則】

●人はポジティブなことを話していると
相手の印象もポジティブになってくる。
このように一つの心理が他のモノに影響を与えることを「連合の法則」と呼ぶ。
誰かに好意を抱いて欲しいなら
「楽しい話題」や「前向きな話題」を話すこと
がポイントになる。

 

 

【アドレスよりも共感を!】

●会話の中でつい「アドバイス」をしたくなるのが常だが、基本的には「聞く」ことの方が重要だ。
良いカウンセラーとはまず、相手の感情を先に吐き出させてあげることのできる人のこと。

 

【親近感と視線の関係】

人は親近感を抱くと相手の目をじっと見つめる
目を合わせてくれなかった相手が自分のことを見つめるようになったら。
それは気持ちが動いた証拠!かもしれない。

 

【客観視の重要性】

●例えば「好きだ」と伝え、相手に戸惑われたら
「ごめん!突然でびっくりしたよね。」と客観的な言葉を伝えるべき
すると相手は「戸惑っている自分」を客観視して、落ち着くことができる。

 

【脅しの実験】

●心理学的に最も相手に利くのは「弱い脅し」
「このままだと悪いことが起きるかも?」くらいのソフトな脅しこそが有効。
もちろん脅しがつよ過ぎても逆効果になる。

 

【】